Unit Test 実行時の config ファイルの引継ぎ

単体テスト実施時に、テスト対象メソッド内で設定値を参照している場合に、設定値を取得できずにテストが正常に動作しない場合があります。
これは、たとえばテスト対象のプロジェクトに含まれている Web.config や App.config ファイルは、テストプロジェクト側の設定ファイルではないからです。
したがって、テストプロジェクト内部に App.config ファイルを作成して、必要な設定値をテスト対象プロジェクトの設定ファイルからコピーすることで回避することができます。

一方、正しくコピーしている筈なのにテスト実行時にエラーになる場合もあります。
これは、NuGetパッケージインストール時に自動的に記述される設定値が正しくなかったり、テストを実行する側にもパッケージが必要だったりすることがあるためだと考えられます。
したがって、テストプロジェクトに App.config 作成した後に、テスト対象プロジェクトで使用している NuGet パッケージをテストプロジェクト側でもインストールすることで回避することができます。

以上、よくはまるので、この場にメモしておきます。